• ホーム
  • ヒルドイドとワセリンを併用する場合はどちらを先に塗った方がよい?

ヒルドイドとワセリンを併用する場合はどちらを先に塗った方がよい?

2020年03月01日
顔をマッサージしている女性

ヒルドイドとワセリンを併用する場合には、どちらを先に塗るかというのもポイントです。まずヒルドイドよりも油分が多いという事が関係しますが、順番としてはヒルドイドを使ってからワセリンを塗ります。

どちらも保湿目的で使われているものではありますが、ヒルドイドの方はヘパリン類似物質が含有されている事で、吸湿して角質層の奥の方まで浸透し水分を与える事が出来るという特徴があります。持続的な保湿というのがポイントですし、血流を良好にして細胞を活性化させる事でターンオーバーという皮膚の新陳代謝にもつながります。一方ワセリンの方はというと、角層に水分を与えると言った保湿効果は無く、油分で被膜を貼り水分蒸発を防ぐと言った使い方が主流です。油分が非常に多いのでべたつく使用感というのがネックとなる事も有りますが、被膜してくれるため水分を蒸発させる事が防げるメリットは有ります。水分が蒸発する事で乾燥してしまいますし、ステロイド系の医薬品と併用しても薬の効果が弱まったりすると言ったデメリットもないものですので混ぜて使われる事も多いです。

ヒルドイドだけでも十分効果はありますし、深い角質層の部分まで潤いを与える事が出来るのですが、さらに水分蒸発させたくないという場合にはワセリンを後から使い被膜効果を期待するという使い方も出来ます。使用方法のアレンジとしては、混ぜて使うという方法もありますので、べたつきが気にならない方や就寝前などは併用してみるのもお勧めです。

ワセリンも皮膚科で処方されることはありますが、美容目的で保湿を考えるのであれば圧倒的にヒルドイドの方が様々な効果がありますし保湿の持続力もありますのでアンチエイジング効果も優れていると言えます。イメージで言いますと、併用する場合はヒルドイドで保湿をした後にワセリンの油膜でそれを閉じ込めて蒸発させないと言った感じでの使用になります。しかし顔に使う場合には、お化粧をするとなるとてかりやべたつきが非常に気になりますし、夜の使用であれば問題ないかも知れませんが朝ワセリンを使うのは化粧崩れなどの観点からも避けた方が良いかも知れません。

ニキビ肌の方がワセリンを使ってしまいますと、毛穴をふさいでニキビが悪化してしまう可能性も有りますので要注意です。油分も含まれていますし、過剰な皮脂分泌を促してしまう事にもつながります。上手く利用して入念な保湿を行っていきましょう。