• ホーム
  • 肌のハリをキープするためにベストなコラーゲンの摂取方法とは?

肌のハリをキープするためにベストなコラーゲンの摂取方法とは?

2020年08月05日

若い時には肌の水分量やコラーゲン生成も盛んですので、肌のハリや弾力があるのですが、年齢を重ねるとどんどんしぼんでハリも無くなり乾燥肌になります。その背景には、30代後半から起こるコラーゲンの生成減少が関係します。

体と同様でお肌にも老化現象は色々と起きてきますが、コラーゲンの減少もその一つです。コラーゲンは細胞同士をつなぎとめている役割がありますので、これが減少する事で保水力も低下して弾力を失い乾燥してしまいます。そこで減少したコラーゲンを摂取して肌のハリをキープする方法を考えていきましょう。

摂取方法で一番手軽にできるのは、化粧水や美容液などにコラーゲンが含まれているアイテムを選ぶ事です。手軽に出来ますし毎日のスキンケアで取り入れる事は出来ます。しかしベースが整っていなければ化粧水や美容液は上手く浸透してくれません。

そこで内側から取り入れる摂取方法です。サプリメントやドリンクなどが代表的な方法ですが、含有量やほかの美容効果がプラスされている事も有りますので、ニーズに応じて選んでいきます。1日3回の場合には朝昼夜で良いのですが、1日1回の場合には寝る前に摂取すると成長ホルモンが分泌される時間帯ですので効果が高くなります。

コラーゲンは内服しすぎるとトラブルが起きる可能性があります。食べ物の場合には高脂質な事が多いので、ニキビが出来たり体重増加が起こる点に注意が必要です。胃でアミノ酸に分解されますが、排出されなかった分は脂肪になりますので、セルライトが出来る要因になります。さらに腎臓が弱い方は排尿が上手くいかなくなることもありますので、むくんだり頭痛が起きたりすることも有るでしょう。適量を守る事にプラスして、ビタミンCと一緒に摂取すると働きを助けてくれます。同時摂取かサプリメントや粉末のものでしたら、ビタミンCが含まれている物を選ぶと便利です。

サプリメントやドリンク以外で内側からコラーゲンを生成させるための方法には、医薬品を使う手段もあげられます。トレチノインという成分の入っているレチンAクリームやレチノえいークリーム、トレチノイン酸など美容系クリニックで処方してもらったり、個人輸入で購入することが出来ます。これらの医薬品にはターンオーバーを促進するだけではなく、コラーゲン生成を促進することもできますので、外側から、またインナーコスメで接種するのと違い、肌細胞に直接働きかける事が出来るというメリットがあります。