• ホーム
  • 通販で買えるヒルドイドの種類はソフト軟膏・ローション・クリームの3つ

通販で買えるヒルドイドの種類はソフト軟膏・ローション・クリームの3つ

2020年02月28日
鏡を見ている女性

ヒルドイドはアトピーの症状緩和や血行が悪くなっている事での鎮痛、またしもやけやケロイドなどの治療目的での使用の場合には診察を受けたうえで処方箋を出してもらい、院内処方や処方箋薬局で購入することが出来ます。しかし美容目的での使用の場合には、個人輸入によっての購入方法となります。

個人輸入といっても、自分で海外の会社と連絡を取って輸入をするという事ではありません。日本の代行業者を利用することができますので、一般的な通販と流れは同じでとても簡単です。処方箋薬でもあるヒルドイドを購入するのであれば、個人輸入による通販を利用しましょう。

ちなみに通販で購入できる種類はソフト軟膏、ローション、クリームの3つです。どれもヘパリン類似物質が配合されており、使用目的や効果は同様なのですが使用感が異なりますので用途や好みに応じて選ぶ事が出来ます。1番シェア率が高いのがソフト軟膏でチューブにはいった物です。大容量でボトルパッケージのものも有りますが中身は同じです。クリームとローションの中間的なテクスチャで、少し油分を感じる重ためのクリームといった感じです。顔に使ったり手や足などに全身に使います。

ローションはその名の通り化粧水のようなテクスチャで、ひたひたと使う事が出来ます。背中などク広範囲に塗布したい時や夏場など、また忙しい朝の時間帯に使うとべたつきが少ないので便利です。その他のテクスチャと比較すると少しさっぱりめの使用感です。クリームは軟膏に近い感じで重たいのですが、より高保湿で潤いをキープさせたい場合や皮膚疾患などの治療で使われる事が多いです。お顔などのスキンケアで使う場合には、少しべたつきが気になるという方も多いです。以上3つの種類の中から季節によって選んだり、使用感の好みで選んで使うと良いでしょう。ヒルドイドにはさらにヘパリン類似物質の含有量が多い海外処方のヒルドイドフォルテクリーム、ヒルドイドフォルテジェルという医薬品もあります。こちらは日本では薬事法の関係で処方してもらう事が出来ませんので、購入は個人輸入の実となります。

ヒルドイドフォルテクリームの方がヒルドイドフォルテジェルよりもしっとりした使用感です。ヘパリン類似物質の含有量が日本処方のものよりも多いので、より高い効果を期待することが出来ます。成分的にもヘパリン類似物質は安全性も高いですし高保湿が期待できるものですので、日本で処方されていない物を買う事が出来る個人輸入は大変便利です。